AGA治療

AGA(Androgenetic Alopecia)とは

「男性型脱毛症」のことです。成人男性によくみられる「薄毛」で、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が薄くなっていきます。一般的に遺伝や男性ホルモンの影響が主な原因ですが、食生活やストレス、睡眠時間なども原因として考えられています。当院では「フィナステリド(プロペシア®)」による治療をおこなっています。

フィナステリド(プロペシア®)について

「フィナステリド」は男性型脱毛症の治療薬として世界で唯一、薬理学的な効果が証明されている成分を錠剤にした飲み薬です。フィナステリドはAGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)を生成するのに必要な5α-還元酵素を阻害することでDHTの産生を抑制し、ヘアサイクルの成長期が長くなり、髪は太く長くなります。フィナステリドは医師の処方箋が必要な医薬品で、女性や小児に使うことは禁じられています。

フィナステリド(プロペシア®)の効果

フィナステリドの効果ですが、全ての人に効くわけではありません。個人差がありますが、特に20代~30代の方では2,3ヵ月で効果が現れてきます。フィナステリドを服用したからといって、髪が増えるわけではなく、短かった髪が伸びていき、細かった髪が太く強くなり、結果として、髪が増えたように感じます。
当院ではご希望の方に、頭皮の血流をよくする漢方や、ストレスを軽減する漢方を併せて処方し、フィナステリドの効果を高めるようにしています。フィナステリドと漢方薬を同時に処方した場合は、漢方薬も自由診療(保険外診療)となります。

費用

  • 費用
  • プロペシア錠1mg(MSD社) 1錠 250円 28日分 7,000円(税込)
    フィナステリド錠
    1mg
    1錠 215円 28日分 6,000円(税込)
    • プロペシア錠は先発医薬品、フィナステリド錠は後発医薬品(ジェネリック医薬品)です。
Q

AGAとは、どういう意味ですか?

A
Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」のことです。成人男性によくみられる薄毛で、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪から薄くなっていきます。
Q

AGA(男性型脱毛症)が起きるメカニズムは?

A
AGAで悩む男性の脱毛箇所の頭皮を見てみるとDHT(ジヒドロテストステロン)という物質が通常より多く確認されており、DHT がAGAの主な原因と言われております。このDHTが男性ホルモン受容体に結び付くと、成長段階の毛髪に対して退行期、休止期に移る信号に変わります。その結果、成長前の毛髪が抜け、薄くなりAGAを招きます。
Q

フィナステリド(プロペシア®)による治療について教えてください。

A
フィナステリドは頭頂と前中頭部の毛髪が薄くなる「男性型脱毛症」の治療に使われます。フィナステリドの使用は男性限定です。女性と小児には使用できません。フィナステリドの成分は、世界で唯一、男性型脱毛症の治療に医学的な効果が証明されている成分で、AGAの原因であるDHTを生成するのに必要不可欠な5α-還元酵素を阻害することでDHTの産生を抑制します。これにより、細い毛髪が太く強くなり、休止期の毛穴の毛髪も成長し、AGA改善の効果が期待できます。フィナステリドの登場で、男性の薄毛の治療が手軽にできるようになりました。
Q

効果は、すぐに現れますか?

A
20代の方は効き目が現れやすいようです。しかし40代、50代になると、薄毛が進行しないように維持する程度ということを患者さまに納得いただいた上で、治療しています。また、毎日必ず服用することが必要で、服用を止めると薄毛が進行します。
Q

保険適用されますか?

A
いいえ、自由診療になります。

お身体の不調を感じたら
まずはご相談ください

患者さまの立場に立ち、
お話をじっくり聴いて
診断・治療をおこないます

pageTop